サファリごっこ
 サファリ見学の時からサファリごっこに向けてじっくりと動物の観察をしていた子どもたち。お部屋でサファリごっこについてのお話をし、「どんな動物を作ってみたい?」と聞くと、「ライオン!」「ぞう!キリン!」「カンガルー!ホワイトタイガー!」「あとはエサもいるし、ジャングルバスも!」と次々に聞こえてきて「もーう、早く作りたい!」と楽しみにしている様子が伝わってきました。
 沢山の動物の中から皆で一番作りたい動物を決め、「どうやって作る?」「何を使う?」と子どもたち同士で話し合い、制作に取り組みました。手に絵の具をつけてその感触を楽しみながら動物の色を塗ったり、ガムテープを使い段ボールを重ねたりと、自分たちで自由に制作することに嬉しさや楽しさを感じている様子でした。
 当日は幼稚園のお友だちがお客さんとして来てくれ、動物の説明をしたり、受付でシールを貼ってあげたりと、サファリの係員さんになった気分で喜びや充実感を味わうことのできた1日となりました。
ほし組  (2019/11/29)
 11/26(火)にシルエット劇場を見に行きました。シルエット劇場ってどんなものかな〜?と楽しみにしていた子どもたちは、バスの中でも「早くみたいな」「どきどきするね」とお友だち同士で嬉しそうに話をしていました。シルエット劇場が始まると、まず手の形の影で作る動物を教えてもらい、一緒に両手できつね・はと・ねこを作っていきました。
 その後、『花さき山』のお話を影絵劇で見ました。きれいな色と光に目を輝かせながら、最後まで真剣にお話を聞いていました。
 最後に影絵を見ながら季節の童謡をみんなで楽しく歌いました。とても楽しかった様子で、「花さき山ってやさいいお話だったよね」と感想を言う子どもたちの姿に心が温かくなしました。
※※※※※※※※※※※※※※※※
−月ぐみ花さき山に花が咲いた−
シルエット劇場に行ってから、宇宙ぐみさんにトイレの順番を譲ってあげたり、お友だちの物でも落ちていたら拾ってあげたり、お友だちのことを褒めたり・・・優しいことをすると、「あ!今花さき山にお花咲いたんじゃない?」と皆で話をしていました。心優しい月組さんの姿に感動しました。
つき組  (2019/11/29)
 寒さが少しずつ厳しくなり、本格的な冬の訪れを感じられる頃となりました。先日、ヒヤシンスの栽培を始めた赤組さん。ヒヤシンスが育つためには水と太陽の光が必要なことを伝え、“きれいなお花が咲きますように”と願いを込めて球根を植えました。今年は1人1つのヒヤシンスを育てていきます。栽培を通して草花にも命があることや、お世話する楽しさを知ってほしいと思います。
 歌声発表会まで残り1週間となりました。クラスでは“てのひらをたいように”そして年中合同で“YUME日和”を歌います。初めは恥ずかしがりながら歌っていた赤組さんでしたが、何度も歌ううちに元気に歌うことができるようになってきました!歌声発表会まであと少し・・・。最後まで楽しく練習を行っていきたいと思います。
あか組  (2019/11/29)
ラクテンチに行ってきました!
 11月8日、別府にあるラクテンチへ年中皆で行きました。「今日はラクテンチ〜!」と登園してきた子どもたちは、いつにも増して元気いっぱい!いざケーブルカーに乗り、山の上にあるラクテンチへ登りました。
 「ワクワクして歩けない!」と言いながら進むと、待っていたのは沢山の動物たち。バードパークでは、クジャクやフラミンゴ、アヒルなどの鳥を間近で観察することができました。少し怖がりながらも勇気を出して進みました。バードパークを出たあとは、ラッキーなことにペンギンの朝ご飯の時間に!職員の方がペンギンについてお話をしてくれました。
 次に向かったのは、ふれあいコーナー。職員の方からニンジンを貰い、うさぎや羊にご飯をあげるのを楽しみました。「食べてくれた!」「シャキシャキいってるよ!」と嬉しそうに話す姿が見られたり、ヒヨコの抱っこの仕方を教わり、大切にふれあう姿が見られました。他にもチンパンジーに「こんにちは〜!」と話し掛けたり、ミーヤキャットを見て「ライオンキングのティモンがいる!」と大はしゃぎ。
 お弁当を頂いた後は、吊り橋を渡ってアヒルの競争へ!クラス毎に応援するアヒルを決め、「頑張れ!」と力いっぱい応援しました。
 ラクテンチとさようならをしてからもラクテンチの話で持ちきりでした。楽しい思い出がまたひとつ増えました。
あお組  (2019/11/29)
おみせやさんごっこ
 11月27日(水)にお店やさんごっこを行いました。10月に商店街見学に行き、「自分たちもお店屋さんをしたい!」と興味を持った子どもたち。クラスみんなで何のお店屋さんをするか話し合い、少しずつ商品作りに取り組みました。みんなで集めた廃材を使って、カップケーキやラーメン、お花などを沢山作りました。
 おみせやさんごっこ当日、「いらっしゃいませ」と元気良く呼び込みをしたり、「○○あるよ」と声掛けをしたりしながら、沢山のお客さんに自分たちの作ったものを買ってもらう喜びや、お店屋さんの楽しさを味わうことが出来ました。「全部売り切れました〜」と達成感を感じる姿も見られました。1ヶ月間、一生懸命準備に取り組んできた子どもたち。お金をもらって商品を渡す楽しさや、物を大切にするという気持ちを忘れず、これからも過ごしていけたらと思っています。
緑組  (2019/11/29)
 寒さも少しずつ厳しくなり、本格的な冬の訪れを感じられる頃となりました。
子どもたちは、毎日歌声発表会に向けて一生懸命練習に取り組んでいます。歌うことが大好きな黄組さんですが、大きな声を出そうとすると、ついつい怪獣のような声になってしまい・・・「どうやったら怪獣にならないかな?」とみんなで考えながら練習しています。「かわいい顔で歌ったらいいんじゃない?」「真っ直ぐ立って歌ってみたら?」など、「みんなと話し合ったことを日々実践中です。みんなで歌ったら楽しい!みんなと一緒なら大丈夫!」と友だちを感じながら楽しく歌ってほしいと思っています。
 また、最近は特定の仲良しのお友だちができてきて、“あの子”と一緒に遊びたい、お弁当が食べたい、隣りに座りたい、といったそれぞれの思いが見られるようになってきました。その分トラブルやケンカも多々ありますが、以前とは内容が変わってきたように感じます。子どもたちの気持ちを受け止めながら、「こんな時にはこうしようね」「こうしたらどうかな?」と解決する為の手段を繰り返し伝えていきたいと思います。「一緒」が楽しいということ、自分の思いを言葉にすること、人の気持ちを考えることを今後も大切にしていきたいと思います。
黄組  (2019/11/29)
 あっという間に時が過ぎ、今年も残りひと月になりました。風が冷たくなり、寒くなってきましたが、桃組さんはそんな寒さに負けず、毎日戸外で元気いっぱいにはしゃぎまわっています。
 戸外遊びをする中で、池にいたカメが段々と姿を見せなくなり、「なんでカメさんいないの?」と不思議そうに問いかける子どもたち。「カメさんは冬の間にたくさん寝て春になると大きくなってまた顔を出すんだよ!」と伝えると「えー寂しいね」と、カメに会えなくなるのが少し寂しい様子を見せていました。このカメの会話を子どもとするうちに、カメが顔を出す頃には、桃組のみんなも大きくなっているのだなーと、子どもたちの成長がますます楽しみになりました。
 最近の子どもたちは歌声発表会に向けて、お友だちと楽しく歌を歌っています。お友だちと一緒に歌を歌うことってこんなに楽しいんだ!と歌の楽しさを知ってほしいと思います。最初は歌詞を覚えることで精一杯でしたが、今では大きく口を開け堂々とした姿を見せてくれるようになってきました。本番まであと1週間、楽しんで取り組んでいきたいと思います。
もも組 (2019/11/29)
以前のBLOGへ