2学期の終わりに始めた縄跳びを、冬休み中も練習した子どもが多く、明けてから回数を多く跳べるようになったことや、あやとび・こうさとびができるようになったことを嬉しそうに報告してくれました。友だちが跳べるようになった姿を見て、向上心を高めながら楽しく取り組んでいます。
 先日行われたお茶会では、たくさんのご参加ありがとうございました。年長になり月に1回の茶道教室で、お茶を点てる練習をしてきました。新しいことにいつも興味津々な子どもたちは、「早くやってみたい!」と由里子先生がお茶を点てる様子を前のめりになりながらみている姿から、やる気が伝わってきました。自分で点てることでお抹茶を飲めるようになった子どもも多く、お客さんを招待してお茶を点てるという貴重な体験ができた1日となりました。
 卒園まで残り2ヶ月となりましたが、1日1日を大切に様々な行事に子どもたちと一緒に楽しく取り組んでいきたいと思います。
ほし組  (2020/01/31)
スケート教室 in 城島高原パークアイススケートリンク
 14日(火)にスケート教室が行われました。行きのバスでは山に登ると少しずつ雪が降り始め、中々見ることの無い雪に大興奮で、「早く雪触りたい!」「外に出たいな〜早く着かないかな〜」と楽しそうに話をしていました。
 城島に着き集合写真を撮った後、園長先生と一緒に準備体操をし、スケートを滑る上で重要な“ペンギン歩き”を教えてもらいました。スケート靴を履いて、園長先生から滑り方を教わった子からリンクに入っていきました。壁をつたって怖がる子もいましたが、リンク内で手を離して滑っているお友だちの姿を見ながら徐々に滑れるようになり、最終的には全員がリンク中央に集まることができました。雪が降る中でのスケートでしたが、みんな寒さを忘れて楽しんでいました。
 昼食後、更に降る雪が激しくなり、園長先生がかき集めてくれたリンク上の雪で雪遊びをしました。普段出来ない貴重な体験を35名全員で出来、また1つ藤月組での思い出が増え、とても嬉しく思いました。
 お手伝いの保護者の皆様、寒い中ありがとうございました。見学された方もお手伝いをして頂き、ありがとうございました。
つき組  (2020/01/31)
節分製作
 節分に向けて鬼のお面と三宝を作りました。「いじわる鬼をやっつける!」「すぐに泣いちゃうからなきむし鬼をやっつけよう!」と、それぞれ退治したい鬼を決めメガネ型のお面を作りました。ハサミやのりなどの道具を使いながら丁寧に作り、個性豊かなおもしろいお面が完成してとても嬉しそうな子どもたち!三宝は鬼のパンツの柄を描きとてもかわいく仕上げています。
 豆まきの日に、作ったお面をつけて行くことを伝えると、「こわい・・・」と、ちょっぴり怖がりつつもみんな楽しみにしている様子でした。2月3日はみんなで豆まきをして。お腹の中にいる鬼をしっかり退治したいと思います。
あか組  (2020/01/31)
 新しい年を迎え、3学期が始まって1ヵ月が経ちました。暖冬の今年は穏やかな冬晴れが続き、子どもたちは冬空の下元気に戸外で遊んでいます。
 最近、お友だちと誘い合い皆でルールを決めてサッカーをしたり、長なわで50回跳ぶことを目標にお互いの回数を「1・2・3・4・・」と数え、応援しながら跳んだりと、お友だちとの関わりを大切にし楽しみながら遊ぶ姿が見られます。又、お休みのお友だちがいると「大丈夫かな?」「お熱が下がると良いね」と思いやりの言葉も沢山聞こえてくる、とても優しい心を持った青組さんです。先日、「お友だちは大きくなってからもいつまでも友だちだから大切にしようね」と話すと子どもたちは隣に座っていたお友だちと顔を見合わせ笑顔で微笑んだり、「おー!」と拍手し合ったりする姿も見られ、とてもほっこりとしました。
 3学期ものこり1ヵ月半となりますが、毎日一緒に過ごす時間を楽しみながら、来月の生活発表会に向け、取り組んでいきたいと思います。
あお組  (2020/01/31)
 新しい年となり、早くも1ヵ月が経ちました。寒さが厳しさを増す中、頬や鼻を赤くしながらも元気に過ごしている子どもたち。寒さに負けない身体を作り、元気いっぱい遊べるように、毎日大きな声を出しながら、体操をしたり、マラソンをしたりしています。男の子の間では、サッカーをする子が多く、2チームに分かれ「次は僕が決める!」と言いながらボールを蹴り合ったり、ゴールを守ったりする姿が見られます。女の子は長縄や鬼ごっこをする子が多く、「先生、○回跳べたよ!」と嬉しそうに喜び、何度も練習をしています。
 今はメロディオンの練習に取り組み、「ドレミファソ」の5つの音を覚え、簡単な曲に挑戦したりしています。また、絵本の世界に興味を持ち、自分のなりたい役のお面を作り、歌を歌ったりセリフを話したりして、役になりきる姿が見られています。
 この様な子どもたちの興味が生活発表会につながる様に、練習を工夫して、子どもたちと楽しく過ごしていきたいと思います。
緑組  (2020/01/31)
 今年度も残り2ヶ月となりました。黄組の子どもたちは寒さに負けず元気いっぱい園庭を走り回っています。最近は鬼ごっこ、電車ごっこ、ボール遊びなど、お友だちと一緒に体を動かして遊ぶ姿が増えてきました。外に出ては「鬼ごっこするものよっといで〜」とみんなを大きな声で呼ぶ子どもや、それにつられて集まってくる子どもなど、子ども同士のやりとりがとても微笑ましく感じます。4月から比べると、みんな大きくなりました。日々成長を感じられて嬉しい毎日です。
 今は進級に向けて“自分で”を大切にしています。
 ・着替え(着脱・片付けできるかな?)
 ・自分の荷物を持つ(登・降園時、荷物を自分で持てるかな?)
 ・言葉で伝える
  「できない」ではなく“どうしてほしい”を言葉にすることや、「嫌」だけではなく“どうして嫌なのかを言葉で伝えるように声かけしています。まだまだ難しいこともありますが言葉を補ったりしながら見守っています。

 黄組の子どもたちと過ごす時間もあとわずか。これまで以上に一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。
黄組  (2020/01/31)
凧あげ
 お正月遊びの一環として、“親子で凧あげ”を行いました。
凧にはペンを使って自分の好きな絵を思い思いに描きました。
 凧あげ当日は、お約束をしっかりと聞き、西大分公園で思いきり走りました。自分だけの凧を笑顔を見せて嬉しそうにあげる子どもたちの表情はとても輝いていました。最後は親子で凧を持ち写真を撮りました。ぜひ、ご家庭でも持ち帰った凧で凧あげを楽しんで下さい!
もも組 (2020/01/31)
以前のBLOGへ