あっという間に時間が過ぎ、ついに明日、卒園の日を迎えます。
 4月、様々な不安のある中始まった幼稚園生活。星組の子どもたちは元気いっぱい登園してきてくれました。全員が揃った日の子どもたちは、いつも以上に気持ちが高まり、幼稚園生活最後の1年への期待を胸に、目をキラキラと輝かせる姿が今でも鮮明に目に浮かびます。
 春、新しいお友だちも沢山でき、ポカポカとした暖かい中ピクニック気分でお弁当を食べたこと。夏、水鉄砲や泥あそび、暑い中びしょ濡れになり沢山日焼けをし真っ黒になって遊んだこと。秋、運動会で難しいことにも挑戦し続けたこと、園外に出て大はしゃぎをしたこと。冬、寒さに負けずおにごっこや縄飛びをしたこと、集大成である生活発表会で笑顔で楽しく発表できたこと。
 星組の子どもたちと笑ったことや泣いたこと、嬉しかったこと、頑張ったことを共に分かち合ってきたこの1年間は、言葉で表せないほどの思い出が、沢山沢山詰まっています。

 保護者の皆様、子どもたちへの励ましの言葉を掛け、いつも優しく背中を押してくれたこと、本当にありがとうございました。子どもたちがこうして大きく成長できたのは、保護者の皆様の支えがあったからこそだと思います。
 これからの小学校生活、自分の個性を発揮し、楽しみながら、幼稚園ですごした中で経験し学んだことを自分の自信に変え、色々なことに挑戦してほしいと願っております。
 1年間、本当にありがとうございました。
ほし組  (2021/3/18)
 早いものであっという間に1年が過ぎ、明日卒園の日を迎えます。
 進級当初、新しいクラスにちょっぴりドキドキしながらも、憧れの年長さんに胸を弾ませていた子どもたちの表情が懐かしく感じます。この1年間、いつも前向きにクラスのお友だちと色々なことに挑戦してきた月ぐみの子どもたち。
 先日の発表会の劇「3枚のお札」では、本番中にお札が見つからない。。。というハプニングがありましたが、皆でお札を探したり「お札を持たない人は先に出て!」と声を掛け合ったりと、皆で力を合わせて乗り越えようとする姿が見え、一生懸命な子どもたちの姿にとても感動しました。終わったあとには、「先生!劇楽しかった〜!」といつも以上に皆の笑顔がキラキラしていたように感じました。
 明日はいよいよ卒園式。この1年間で大きく成長した子どもたちの姿が見られることを楽しみにしていて下さい。
 1年間、様々なことにご理解・ご協力をして頂き、本当にありがとうございました。
明日も笑顔いっぱいの子どもたちに会えることを楽しみにしています。
つき組  (2021/3/18)
3月壁面 “つくし”  折り紙 “ちょうちょう”
 絵本を見せ、「これは何か見たことがあるかな?」と聞くと、「先生!それつくしだよ!」と大きな声で答えてくれた子どもたち。「暖かい春になると、つくしが土の中から出てくるんだよ」と話すと、「え〜見てみたい!」「僕見たことある」等たくさんの返答が返ってきました。つくしに興味を持ちはじめたので、みんなで作ることになり、つくしにビー玉を使い可愛く模様をつけました。
 絵の具のついたビー玉を転がして、何も模様のなかったつくしがカラフルなつくしに大変身!「転がすの楽しい」「もう1回やりたい」と、ビー玉転がしが大人気でした。3色絵の具を混ぜるお友だちや、5色混ぜるお友だちもいて様々な色のつくしができあがりました。
 白画用紙に絵の具で空と車を描いて、つくしと、折り紙で作ったちょうちょうを貼り、春を感じさせるつくしの壁面の完成です。
あか組  (2021/3/18)
修了記念制作
 もうすぐ年長になるあおぐみさん。
「お花を作って幼稚園に飾ったら、卒園する年長さんも喜んでくれるかな?」とみんなで、チューリップ、カーネーションを作りました。本当のお花に見えるように、折り紙を使って立体に折ったり、切り込みを入れて茎に巻き付けたりして、可愛いお花ができました。お花をどのように飾るか、みんなで考えると、「植木鉢は?」「お花がたくさんあるから、砂場の周りにある大きいのは?」と自分たちの経験や知識からプランターを作ることになりました。
 プランターには年中で協力し、「めいしょう」「ようちえん」の文字と、ほとけさまの絵に折り紙のちぎり貼りをして作りました。細かい作業で苦戦しながらも、集中して取り組んでいました。
 プランターの裏側には、ひとりひとりの顔をクレヨンで描き、すてきなお花のプランターが完成しました。「もうすぐ年長さんになるぞ」の気持ちがみられています。
あお組  (2021/3/18)
お別れ遠足 in昭和電工武道スポーツセンター
 3月12日(金)にお別れ遠足がありました。「もうすぐ遠足だ〜!」「ヤッター!」「早く行きたい!」と遠足をとても楽しみにしていました。当日は袋に沢山入ったお菓子に大喜びしながら、バスに乗って行きました。
 到着すると綺麗な体育館の床を見て、「宝石みたいに光ってるね」とお友だちと嬉しそうにお話をする姿に、思わず笑みがこぼれました。全員で集まって園長先生のお話を聞き、体操をして、学年毎に分かれてレクリエーションをしました。黄ぐみさんは桃ぐみさんと一緒に「猛獣狩り」という仲間集めゲームをし、最後に出来たグループでボール運びリレーをしました。シートを2人で持ち、落とさない様に運ぶことが難しかったですが、落としても「ボール落ちちゃった〜」と笑い合いながら楽しくゲームに参加をしていました。たくさん体を動かした後は、お弁当!お家の人が作ってくれたお弁当を「ジャジャーン!」「見てみてー!」と嬉しそうに見せながら美味しそうにいただいていました。
黄組  (2021/3/18)
 暖かい陽射しに、少しずつ春の訪れを感じられるようになってきました。一年間を振り返ってみると、この一年間で子どもたちは、本当に大きく成長したなと改めて感じました。
一年前、初めての幼稚園生活に不安でいっぱいだった子どもたちも、少しずつお友だちとの関わり方を身に付け、「貸して」や「仲間に入れて」などのやり取りも上手にできるようになってきました。今では、困っている人に「こうするんだよ」「僕がやってあげる」と助けてあげたり、「一緒にやろう」と誘ったりして、声を掛け合う姿が見られるようになりました。これからも、お互いに支え合い、困っている人にやさしくできる人になって欲しいと願っています。
 製作活動では、毎月様々な技法に興味を持ちながら、積極的に取り組むことができました。分からないことや難しいところは先生やお友だちに聞いたり、手伝ってもらったりしながら、最後までやり遂げる姿が見られました。
 一年間の集大成である生活発表会では、お友だちと一緒にダンスや合奏に一生懸命に取り組み、楽しさや達成感を共有することができました。練習を始めた頃は、「みんなで息を合わせる」ということが難しく、バラバラになってしまう時もありました。しかし、本番が近づくにつれ、「一人よりみんなで合わせた方が楽しい」という気持ちが芽生え、音楽や周りの楽器の音を聞き、“合わせる”こと意識できるようになりました。本番では、「お客さんにかっこいい姿を見てもらう!」と気合いを入れ、今までで一番元気いっぱいステージに立つ姿を見せてくれました。みんな口をそろえて「楽しかった」と喜ぶ姿が見れて、とても嬉しく思います。
今日、無事に修了式を迎え、終わりが近づくにつれて、「かっこいいお兄さんになりたい!」「何組になるのかな?」と進級を心待ちにしている子どもたち。来年度も一人ひとり自分のペースで、大きく、たくましく成長して欲しいと思っています。4月に、1つお兄さん、お姉さんになった元気なみんなに会えるのを楽しみにしています。
桃組  (2021/3/18)
生活発表会
 先日の生活発表会では、カーテンが開くとライトやたくさんのカメラがあり、いつもと違う雰囲気の中、よく頑張りました。
 練習の時から、同じグループの友だちを誘い合ったり、教え合うようになり、仲間意識が育ってきたようです。
 運動会の時は、まだハラハラドキドキ感がありましたが、今回は音響トラブルにも動じない子どもたちに驚かされ、安心して見守ることができました。また、発表後すぐに子どもたちから「あー!たのしかった!」と、言葉がこぼれた時には、小さな心に達成感も味わえたのだと、嬉しく思いました。どのグループも、それぞれがリズムにのり、表現する姿が、とてもかわいかったですね。
宇宙組  (2021/3/18)
いちねんかんを振り返って
 桜の満開が待ち遠しい今日この頃。ひと雨ごとに風の暖かさ、やわらかい陽射しに春の訪れを感じるようになりました。
 楽しかったにじ組での園生活も、本日をもって閉級いたします。
小さな手をお母さんにひかれて門をくぐった4月。コロナ禍で自由登園となった5月。少しずつ園生活に慣れ、「小麦粉粘土」や「泥んこあそび」で色々なことを経験した6月。平均台を使って運動あそびをしたり、ブロックやお絵描きに集中して遊んだ7月。長い夏休みが開け、暑い中“心をひとつ”に頑張った9月の運動会の練習。一生懸命にどんぐりを見つけたり、大きなお芋の収穫にたくさんの秋を感じた10月。「サファリごっこ」や「お店やさんごっこ」に招待されて、年長さんや年中さんと関わった11月の縦割り保育。「サンタさん来るかなー?」とクリスマスの壁面や持ち帰り製作を楽しんで行った12月。ごっこ遊びや寒い中でも園庭を友だちと走り回り、遊びの幅が広がった1月。ダンスや初の合奏に取り組んで「頑張るぞ!エイエイオー!」と楽しんだ2月の生活発表会の練習。「あと○日でにじ組さんも終わりだね」とカウントダウンをしながら、目一杯遊んだ3月。あっという間の一年でした。
 中でも、ひとり遊びの多かった最初に比べて、日に日に友だちとの関わりが増え、困っている友だちがいると優しく声をかけたり、「仲間に入れてェ」「いいよ」と仲良く遊ぶ姿がたくさん見られました。
 みんなで笑い合って、おしゃべりをして元気いっぱい遊んで一年間楽しく過ごしてこれたのも、保護者の皆様の励ましのお言葉や、ご協力のおかげです。至らぬ点が多々あり、ご迷惑をおかけすることもありましたが、温かい目で見守っていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
虹組  (2021/3/18)
以前のBLOGへ