暖かい日が差し、過ごしやすい季節となりました。園庭の赤やピンクの花や春の虫などの身の回りの自然に興味津々の子どもたちは、虫とりあみと虫カゴを握りしめ、戸外を駆け回っています。
 連休明けから少しずつ保育室に子どもたちの声が戻り、久しぶりに会うお友だちに、「一緒にお絵描きしよう!」「オセロ対決しよう!」と、遊びに誘い合う姿が沢山見られました。
 先日は、園庭で春の虫探しをしました。モンシロチョウを見つけ、「待って〜!」と追いかけたり、花壇の下にいるダンゴムシを見つけたりし、「背中の白の点々があるのは女の子なんだよ」「葉っぱを食べるって聞いたよ」と、お互いに発見したことを伝え合う姿を見せてくれました。ダンゴムシが大好きになった子どもたちは、虫カゴの中をまじまじと観察しながら、ダンゴムシの壁面製作を行い、ひとりひとりの個性あふれる作品が完成しました。完成したダンゴムシを嬉しそうに見せ合う子どもたちを見て、ほっこりしました。
 来月からお休みしていた子どもたちも登園し、全員揃っての星組さんがスタートします。自粛をされていた子どもたちとは、ゆっくりと時間を設け、製作等をしていきたいと考えています。引き続き園では、手洗い・うがい・消毒を徹底し、感染予防に努めていきたいと思います。
ほし組  (2020/05/29)
 新緑の青葉にすがすがしさを感じる時期になりました。連休が明け少しずつですが、子どもたちのにぎやかな笑い声が聞こえてくるようになり嬉しく思います。
 先日、母の日のプレゼント製作を行いました。「皆はお母さんのどんなところがすき?」と聞くと「ご飯を作ってくれるとこ!」「いつも一緒に寝てくれる!」「優しいとこ!」と教えてくれました。子どもたちは大好きなお母さんを思い浮かべながら、嬉しそうにお友だちとメッセージを考えて、プレゼントを作りました。
 戸外では、園庭だけではなく隣の公園へ行き、ボールを使ったゲームやコンセント鬼ごっこなどをして、クラスのお友だちと親睦を深めながら、楽しく過ごしています。
つき組  (2020/05/29)
あさがおの栽培
 年中になり、あさがおの栽培に取り組みました。あさがおの種をまく前日に、子どもたちにあさがおの花の写真を見せました。「きれい!何色のあさがおが咲くのかなぁ?」と言い、種をまくのを心待ちにしているようでした。
 バスのおじちゃんたちに植木鉢の中に肥料と土を入れてもらい、少し重たくなった植木鉢を持つと、「重たいよ〜!」と言いながらも、表情はとても嬉しそうな子どもたち。
しっかりと説明を聞き、お母さん指で穴を5つ開け、種を入れ、優しく土をかぶせました。
「おおきくなあれ、おおきくなあれ」と水やりをする姿に、自分で育てることの期待感にあふれていました。芽が出て花が咲くのが楽しみです。
あか組  (2020/05/29)
 新年度がスタートして早くも2ヶ月が経ちました。子どもたちも園生活にも慣れてきました。友だちと鬼ごっこやかけっこをしたり、綺麗なお花をみたり、落ちていた花びらを耳にかけてファッションショーをしたりしている姿も見られます。「かわいい〜!」とお互いに伝えている様子も見られ、ほっこりしました。
 クラスでは忍者ごっこにも取り組んでいます。忍者からの巻物を見つけ、あおぐみ忍者になり、みんなで修行中です。忍び足で止まったり、伏せたり、ジャンプをしてしゅりけんを避けたりと、楽しく修行しました。修行を終えると、「よくがんばったな!また今度、みんなで修行をするでござる」と忍者から巻物が届き、大喜びの子どもたち。またいつか、忍者修行をするのを楽しみにしているようでした。
あお組  (2020/05/29)
 爽やかな風につられて、体も軽やかに気持ちもワクワクしてくる季節です。園での生活に慣れてきたのか、子どもたちもそれぞれお気に入りの場所や玩具ができてきたようです。
 室内では、『しあわせならてをたたこう』や『てをたたきましょう』を体を使いながら歌ったり、のりやハサミを使っての製作をしたりして楽しんでいます。戸外では、「虫取りしよう!」と誘い合い、石の下や葉っぱの間をよく観察して見つけたり、虫取り網を持ってちょうちょうを追いかけたり、自然物や虫と触れ合う姿がたくさん見られる様になりました。
 これから雨の多く降る梅雨の時期に入ります。梅雨ならではの植物や生き物に触れ、季節を感じながら楽しく過ごしていきます。
黄組  (2020/05/29)
はじめてのハサミ
 桃組になって初めてハサミを使って、アジサイのお花を切りました。ハサミを使う時のお約束を確認し、ケガをしないように気を付けながら、楽しく製作を行いました。「先生、沢山切れたよ〜!」と言いながら喜ぶ子どもや、先生と一緒に“グー(にぎる)、パー(ひらく)”を繰り返しながら、一つひとつゆっくり切り進めていく子など、様々な姿が見られました。一人ひとり、線に合わせ、一生懸命ハサミを動かす姿が見られ、初めてのハサミを楽しんでいました。
桃組  (2020/05/29)
 暦の上では夏になり、ホタルの便りが楽しみな季節になりました。
たくさんの“初めて”に囲まれ緊張した表情の子どももいますが、笑顔で遊ぶ姿も見られるようになりました。また、朝は泣いていても給食時にはピタッ!と泣きやみ、「みんなでたべるとおいしいね!」と言うお友だちの言葉に励まされ、自分で食べようとしています。
 一人ひとり、成長の大きさもリズムも違いますので、ゆっくり見守りながら過ごしていきたいと思います。
宇宙組  (2020/05/29)
 抜けるような青空とさわやかな風が気持ちの良い季節になりました。
「ママー!」と泣いていた子どもたちも少しずつ幼稚園での生活にも慣れた様子で、「おはよう」と笑顔で登園することも多くなってきました。
 室内では、ままごとやブロック等、思い思いの遊びを見つけて、友だちと仲良く遊んでいる姿が見られるようになりました。活動ではリトミック・リズム遊びで色々な動物に変身したり、歌ったり、おもいっきり体を動かして楽しんでいます。
 戸外では、すべり台や砂場の他に、池のカメを見つめたり、ボールをけったり夢中になって遊んでいます。
 これから暑い日が多くなり、日によっては汗ばむこともあります。水分補給を十分に行い、換気や手洗い・消毒を徹底し、子どもたちが安心して楽しく過ごせるように、日々の保育に取り組んでいきたいと思います。
虹組  (2020/05/29)
以前のBLOGへ